コロナ禍で困っている生産者を応援しよう!




 

 新型コロナウィルス感染拡大から1年になります。

 

 コロナ禍で飲食店の時短要請が続いて、飲食店だけでなく、生産者にも大きな影響がでています。

 緊急事態宣言は解除されましたが、大阪府では感染者が急拡大したのを受け、「蔓延防止等重点処置」の要請が決定しました。

 支援しないけれど、時短要請などが厳しい条件になり、罰則も厳しくなってしまいます。

 

 緊急事態宣言をはやく解除した大阪で起こったということは、東京でも時間差で起こることなのかも知れません。

 

 大都市だけではなく、地方の感染拡大も増えてきています。

 

 

 コロナ禍になって、生産者を支援する動きも大きくなってきています。

 

 生産者にとっても、私たち消費者にとってもうれしい「食べチョク」を紹介したいと思います。

 

 全国3,000軒を超える農家、漁師から食材やお花が直接届きます!

 

 新鮮なものが届くのはうれしいですね。

 

 

            食べチョクはこちら>>

 

 

 

 #農家漁師さんからのSOS

 

 気温上昇や日照不足などの気候変動、新型コロナウィルス第3波の影響による売上減、盗難などの犯罪による被害など、様々な外部要因によりお困りの生産者さんは後をたちません。

 困っている生産者さんの特集ページもあります。

 食べることで支援できることもありますね。

 

 

   #農家漁師さんからのSOSはこちら>>