パチンコ店の閉店ラッシュの理由は?




 

2021年後半から、パチンコ店の閉店が増えてきました。

コロナ禍だからでしょうか?

 

 

パチンコ店の閉店ラッシュなぜ?

 

2021年1月末の旧規則機撤去で加速

 

旧規則機は原則的に1月末を以て撤去することとされています。

現在のパチンコ・パチスロ機は、2018年2月に施行された遊技機に関する新規則にのっとって型式試験が行われ、そこで適合した機種がホールに設置できるようになっています。

本来であればもっと早く旧規則機が完全撤去される予定だったのですが、コロナ禍の影響で、2022年1月末まで設置期限が伸びていました。

一部、新規則施行後に型式試験の適合を受けた旧規則機もあるので、完全撤去というわけではないものの、現在ホールに設置されている遊技機の約97%が、パチンコのP機、パチスロの6号機という“新規則機”となっています。

旧規則機は新規則機と比べて射幸性が高い、つまり“ギャンブル性が高い”機種が多く、その点が問題視されていました。

しかし、ギャンブル性が低くなって、パチンコファンが減っていったそうです。

 

パチンコ店の数は、全盛期に比べると、半減しているそうです。

 

新型コロナウィルス感染拡大前の2020年1月末の全日遊連加盟ホールの営業店舗数は、8802店舗、2022年1月末時点で7544店舗。

2年で1258店舗が減ったことになります。

2022年1月末以降も、閉店するパチンコ店は増え続けています。