仮想通貨預かりサービス (株)デジポケ 倒産




 

 

 

仮想通貨が返還不能となった (株)デジポケ 倒産

 

東京都にある(株)デジポケは、2021年6月22日に自己破産を申請し、2021年8月27日に破産開始決定を受けました。

(株)デジポケは、仮想通貨預かりサービスを展開していました。

 

(株)デジポケは、2016年5月に仮想通貨交換業を目的に設立しました。

会員向けに仮想通貨(暗号資産)のウォレット事業(預かりサービス)を手がけていましたが、2017年4月の改正資金決済法の施行により2017年9月30日をもって仮想通貨交換業を廃止していました。

 

2019年5月に再び資金決済法が改正されて、暗号資産の預かり事業においても金融庁の許認可が必要となりましたが、許認可取得のメドが立たないなか、預かり金の返還ができなくなったことで破産開始決定となりました。

 

 

負債総額は債権者約2,000名に対して約101億円ですが、変動する可能性もあるそうです。