割烹旅館「松本屋旅館」 閉店




松本屋旅館 143年の歴史に幕

 静岡県浜松市天竜区にある割烹旅館「松本屋旅館」が、2020年8月31日に閉店しました。

 松本屋旅館は、1877年創業。

 新型コロナウィルスの感染拡大が影響しての閉店だそうです。

 コロナ禍のなかで、2020年3月からは宿泊業を休止して仕出しに営業をしぼっていました。

 2020年8月上旬に廃業を決意されたそうです。

 松本屋旅館の閉店を惜しんで、住民の方が名物の卵焼きを求めて詰めかけたそうです。

 老舗旅館の閉店は残念です。

 2020年3月、浜松市の地域遺産に認定されたばかり。

 浜松市天竜区春野町出身で、宝塚歌劇団の愛唱歌「すみれの花咲く頃」を訳詞した演出家、故白井鐵造氏は、「ふるさとは懐かし松本屋の集りの日」と書き残しています。

 白井氏の縁で旧春野町時代に行われた宝塚歌劇団の出張公演には、後のトップスターが数多く出演しました。

 「松本屋に泊まればトップになれる-」。 

 そんなうわさが宝塚で広まり、劇団員の「聖地」の一つになったそうです。

 建物は、浜松市内の方が購入し、来春に古民家カフェとなるそうです。

 twitterでも惜しむ声が多いですね。