大阪のタクシー会社「ふれ愛交通」 新型コロナウィルス関連倒産




タクシー会社では初の新型コロナウィルス関連倒産

 

 大阪市平野区にある「ふれ愛交通」は、府内でタクシーや介護タクシーなど110台を運行する、中堅のタクシー会社です。

 

 女性ドライバーが結婚式など晴れの日の送迎をする、「ピンクタクシー」が人気を集めました。

 

 新型コロナウィルスの影響で3月頃から売上が8割ほど減りました。

 

 2020年5月12日に事業停止を決めました。

 

 ドライバーは全員解雇し、タクシー事業はすでに停止していますが、介護タクシー事業は引き受け会社が決まるまで継続するそうです。

 

 

 

 タクシー会社は、新型コロナウィルスの影響を大きく受けているので、これから増えるかもしれませんね。

 

 従業員を全員解雇して、会社だけ残した会社もありましたね。

 

 バス会社は、バスを売って従業員を守っているという会社もありました。