奈良県初の新型コロナウィルス関連倒産(株)東鮓




奈良県初の新型コロナウィルス関連倒産

 

 

 奈良県にある(株)東鮓は、2020年4月20日に破産申請をしました。

 

 1962年3月に創業の会社です。

 

 持ち帰り寿司からスタートし出前店、食事店などの出店で事業を拡大していきました。

 

 近年は奈良市および周辺市町村に合計8店の出前寿司「あづまケータリングサービス」を展開するほか、日本料理店の「割烹東吉」も運営していました。

 

 2006年7月には、奈良県中小企業再生支援協議会の支援を得て金融債務の免除を受けるほか、飲食寿司店は2017年8月に完全撤退するなどして合理化を進めてきました。

 

 新型コロナウィルスの感染拡大により、業績が悪化し、破産申請となりました。

 

 新会社への事業引き継ぎを進めているので、お店の営業は継続中とのことです。