居酒屋ワタミ 65店舗閉店へ 新型コロナウィルス影響




 

 

 居酒屋チェーン大手のワタミは、国内で展開する店舗の約1割にあたる不採算の65店舗を2020年度中に閉店すると発表しました。

 

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で苦戦するなか、採算が厳しい店舗を整理して収益改善を目指していくそうです。

 

 5月に入って、大手だけでなく個人の飲食店の閉店が多いです。

 

 Twitterでも話題になっています。