(株)宇都宮グランドホテル 倒産




 

2021年7月31日に閉店した宇都宮グランドホテルが倒産しました。

閉店情報の記事はこちら↓

宇都宮グランドホテル 閉店なぜ?

 

 

 

(株)宇都宮グランドホテル 倒産

 

栃木県宇都宮市にある(株)宇都宮グランドホテルが、2021年8月20日に破産開始決定を受けました。

 

(株)宇都宮グランドホテルは、 旧:鮫島大将別荘を譲り受け、「割烹旅館陽南荘」として創業した(株)陽南荘宇都宮グランドホテルが前身です。

 

宇都宮グランドホテルには皇族や海外要人の来館実績があり、宇都宮の迎賓館的な存在として相応の知名度を有していました。

 

しかし、バブル崩壊後、稼働率が低下しました。

 

婚礼は、結婚式場の競合により、ピーク時の4分の1以下になってしまいました。

 

2016年1月にホテル敷地および建物を第三者に売却し、その売却代金を原資に金融債務を完済しました。

 

(株)陽南荘宇都宮グランドホテルの宇都宮グランドホテル事業継承を目的に(株)宇都宮グランドホテルを設立し、不動産を借り受ける形で宇都宮グランドホテルの運営を継続しました。

2016年10月には、施設を改装し、再出発を果たしました。

ホテルを利用した宴会や会議に力を入れ、2019年8月期には、売上高が8億円に増加していました。

 

2020年になって新型コロナウィルスの感染拡大によって、2020年4月以降は大幅に稼働率が下がりました。

休館と営業を繰り返していましたが、2021年7月31日に閉店しました。

 

そして、2020年8月20日に、破産開始決定となりました。

 

結婚式、宴会や会議のできるホテルは、2021年になって次々に閉店しています。

 

歴史のあるホテルの閉店は、残念ですね。

 

 

 

 

関連記事

 

 

宇都宮グランドホテル 閉店なぜ?