秋芳観光ホテル秋芳館  新型コロナウィルスでキャンセル続き 廃業




 

 山口県美祢市のホテル運営「秋芳観光ホテル秋芳館」が2020年4月30日付で廃業し、自己破産申請の準備に入りました。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大で宿泊客が急減し、事業継続を断念しました。

秋芳観光ホテル秋芳館は1915年創業。

 

 カルスト台地や鍾乳洞で知られる観光地・秋吉台で、老舗ホテル「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」を経営していました。

 

 1990年代以降、宿泊客の減少に悩み、2013年2月に民事再生法の適用を申請しています。

 

 再生手続き終了後も経営は好転せず、今回のコロナで予約のほとんどがキャンセルとなったことが決定的となりました。

 

 今後、事業の承継先を募ることも検討しているとそうです。

 

 

 安倍首相のお膝元、山口県での新型コロナウィルス関連倒産は萩市のホテルにつづき2例目です。