自動車部品メーカーの(株)萬松 倒産




新型コロナウィルスの感染拡大で自動車メーカーの工場休止で

 

 東京都にある(株)萬松が、2020年4月23日に破産を申請し、破産開始決定を受けました。

 

 埼玉や大分に工場を持つ自動車部品メーカーです。

 

 フィリピンやメキシコにも拠点を構え、自動車用の灰皿、ドリンクホルダーなどプラスチック製品の加工を主体に、大手自動車メーカーグループとの取引実績を重ねていました。

 

 2020年に入ってから「新型コロナウイルス」感染拡大により自動車メーカーの工場が操業休止したことで、3月と4月の売上高が通常の3分の1まで落ち込みました。

 

 先行きの見通しも立たず、今回の破産開始決定となりました。