道南初の新型コロナウイルス関連倒産 ㈲ムライストアー




北海道南で初の新型コロナウィルス関連倒産

 

 北海道では7社目の新型コロナウィルス関連倒産です。

 

 北海道にある㈲ムライストアーは、2020年4月7日に破産開始決定を受けました。

 

 長年、地域の人に愛されてきた食料品小売りの会社です。

 

 大手スーパーや宅配サービスの競合、住民の高齢化、過疎化で業績が落ちていました。

 

 新型コロナウィルスの影響で、町内の小中学校の給食の食材お供給がストップし、売上げが激減したそうです。

 

 先行きの見通しが立たず、破産開始決定となりました。

 

 学校の休業で、給食がなくなる影響は大きいですね。

 

 学校休業中も、学童で給食を出している自治体もありますね。