鹿児島初の新型コロナウイルス関連倒産 「割烹旅館安藤」




鹿児島県初の新型コロナウィルス関連倒産

 

 

 鹿児島県薩摩川内市にある(株)安藤が、2020年3月31日に旅館を閉館し、4月15日に事業を停止したそうです。

 

(株)安藤は、1886年創業の旅館「割烹旅館安藤」を経営していました。

 法事や結納、会食などに利用できる個室のほか、100名以上を収容できる大宴会場を備えていました。

 

 スポーツ合宿などの団体客を受け入れるなどもしていたそうです。

 

 薩摩川内市は、原発の町でもありますよね。

 

 東日本大震災で原発が停止し、薩摩川内市の景気は冷え込んだそうです。

 

 再稼働後も、大手ホテルチェーンとの競合激化などがあったようです。

 

 2020年に入り、新型コロナウィルスの感染拡大で、宴会や宿泊客のキャンセルが相次ぎ、先行きの見通しが立たなくなり、3月31日に旅館を閉館したそうです。