(株)ドライブセンター白山 新型コロナウィルス関連破綻




石川県にある(株)ドライブセンター白山は、2020年4月20日に事業を停止しました。

「松任シティホテル」の屋号で開業し、建設作業員などビジネス客を主体としていました。

こうしたなか、近隣での北陸道白山インターチェンジ供用開始をにらみ、2007年12月に約2億円を投じてホテルをリニューアルし、「インターシティホテル白山」に改称しました。

しかし、以降はリーマン・ショックの影響や消費の低迷から宿泊客が減少していました。

北陸新幹線開業後は観光客の増加で一時期持ち直したものの、周辺への競合他社の進出もあり減収が続いていました。

こうした状況のなか、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響により宿泊客が急激に減少したことや、先行きの見通し難から事業継続を断念し、事業停止となりました。