(株)井村 新型コロナウィルス関連倒産




大阪府にある老舗の音楽教室を運営している㈱井村が、2020年4月30日に事業を停止しました。

㈱井村は、「井村楽器」として当地区では知名度の高い老舗の音楽教室です。

吹田市を中心に「吹田センター」や「上新庄センター」など「ヤマハ音楽教室」を展開し、ピアノやエレクトーンなど様々な楽器を教えていました。

また、教室のほか、楽器の販売店も手がけていました。

その後、少子化の進行などで生徒数が徐々に減少したため、英語教室なども併設しました。

また、人員削減も実施したが、業績不振に歯止めがかかりませんでした。

2020年に入り、新型コロナウィルスの感染拡大により教室が臨時休業に追い込まれ、家賃の減免や猶予の措置を検討しましたが、教室が多いことから対応が追い付かなかったそうです。

さらに、融資を申し込んでいたが実行までに時間を要し、事業継続が困難な状況になっていました。

音楽教室は、どこも英語教室もやっているんですね。

近所の音楽教室が英語教室もやっているのですが。

音楽教室だけではやっていけないのですね。

でも、英語教室では楽器は売れないし。

エレクトーンをやってる子どももへっているのでしょうか?

エレクトーンの先生が、楽器が新しくなると、買い替えないといけないので大変だと話していました。

生徒もそうですよね。

自分の楽器ではできないことが増えて、新しく買い替えるか?やめるか?