(株)明和商会 ほか1社 新型コロナウィルス関連破綻




東京都にある(株)明和商会と関連の(株)明和ホールディングスは、2020年4月24日までに事業を停止しています。

明和商会は内装工事を手掛けていました。

大手ゼネコンの下請を主体に、大型マンションを中心に実績を重ねていました。

しかし、低い利益水準が続いて、借入金に依存した資金繰りを余儀なくされていました。

さらに、大手ゼネコンが東京オリンピック・パラリンピック関連の工事を優先し、その他の工事量を減らしたことで当社の受注が減少しました。

こうしたなか、「新型コロナウイルス」感染拡大から工事に支障をきたしたうえ、資金調達が困難となったことから、事業を停止しました。

持株会社の明和ホールディングスも明和商会に連鎖して、事業停止となりました。