札幌市の商業施設 PIVOT(ピヴォ)閉店なぜ?




 

 

 

札幌市の商業施設 PIVOT(ピヴォ)閉店なぜ?

 

北海道札幌市にある商業施設「PIVOT(ピヴォ)」が、2023年5月中旬閉店することが発表されました。

 

商業施設「PIVOT(ピヴォ)」は、ホテルなどが入る複合ビルに生まれ変わります!

 

PIVOTを所有する「ダイビル」によると、2023年5月中旬までにPIVOTと隣接するビル「ペンタグラムビル」を、さらに2023年10月末までに「ダイビルピヴォ南館」も閉館し、その後、解体作業を始めます。

 

 

 

 

 

 

PIVOT(ピヴォ)

 

所在地:〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西4丁目

アクセス:

地下鉄「大通駅」直結
地下街ポールタウン直結
市電「西4丁目」徒歩1分

 

営業時間:10:00-20:00

 

 

 

 

 

PIVOTの跡地は?

 

商船三井グループのビル賃貸大手「ダイビル」所有の「PIVOT(ピヴォ)」「ペンタグラムビル」「ダイビルピヴォ南館」を解体し、跡地一帯を開発します。

 

解体した3館の跡地には早ければ2026年にも商業施設やホテル、オフィスが入る複合ビルを開業する予定です。

 

今のビルは地上9階建てですが、新たなビルは20階建て規模になる見通しです。

 

 

 

関連記事

 

北海道札幌市の再開発や商業施設の建て替え等が増えてきています。

 

 

札幌駅の商業施設・パセオ 閉店なぜ?

 

札幌駅の商業施設・パセオ 閉店なぜ?